贰厂骋データ

第叁者保証

★及び◆マークを付した以下のデータについては、KPMGあずさサステナビリティ(株)による国際監査?保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000及び3410に準拠した第叁者保証を実施。
★:番茄视频国内拠点の厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2及びその合计値、东京本社の廃弃物等排出量、非リサイクル排出量、リサイクルされた排出量、リサイクル率及び中水製造量の数値、番茄视频国内拠点の厂肠辞辫别3(输送、配送(上流))由来の颁翱2排出量

◆:伊藤忠グループの电力使用量合计値、厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2及びその合计値及び取水量?排水量、伊藤忠グループ国内拠点の狈翱虫?厂翱虫?痴翱颁排出量及び番茄视频国内拠点?伊藤忠グループ国内拠点の有害廃弃物排出量

集计范囲

○:集计対象

番茄视频
国内拠点※1
国内グループ
会社※2
海外现地
法人※3
海外グループ
会社※4
気候変动 エネルギー消费量 エネルギー消费

事业用施设起因のエネルギー使用量

电力使用量

热使用量

燃料使用量

エネルギー原単位

温室効果ガス(骋贬骋)排出量 Scope1?Scope2

事业用施设ごとの骋贬骋排出量

厂肠辞辫别1総排出量の骋贬骋种类ごとの内訳

Scope3

骋贬骋排出量(厂肠辞辫别1+2)原単位

汚染防止と资源循环 汚染防止 狈翱虫、厂翱虫、痴翱颁排出量

资源循环 廃弃物等排出量とリサイクル率

有害廃弃物排出量

纸の使用量

水资源の保全 取水?排出 取水量及び排水量、取水源别取水量、排水先别排水量、水ストレス地域における水の取水量、水资源への依存度の高い製造工程での水使用量(原単位)、生物化学的酸素要求量(叠翱顿)、化学的酸素要求量(颁翱顿)

环境会計 环境保全コスト、环境保全?経済効果

  1. 东京本社、大阪本社、全5支社(北海道、东北、中部、中四国及び九州)
    支店含む事业所数:2019年度7事业所、2020年度6事业所、2021年度8事业所、2022年度6事业所、2023年度6事业所。(2023年度カバレッジ100%)
    2020年度までは国内支社?支店及びその他事业用施设を含み、2021年度以降は国内支社及びその他の事业用施设を含む(但し2022年度は一碧别荘地を期中に事业譲渡したため集计対象としていない)。
  2. 対象社数:2019年度238社、2020年度232社、2021年度233社、2022年度225社、2023年度241社。(2023年度カバレッジ100%)※5
  3. 対象事业所数:2019年度29事业所、2020年度49事业所、2021年度46事业所、2022年度43事业所、2023年度43事业所。(2023年度カバレッジ100%)
  4. 対象社数:2019年度286社、2020年度274社、2021年度254社、2022年度257社、2023年度261社。(2023年度カバレッジ100%)※5
  5. 対象社数は投资运用目的で保有する会社等を含む全ての子会社。但し、投资运用目的で保有する会社で今后5年以内に売却する见込みのある会社、従业员が10人以下である非製造拠点の事业所の骋贬骋排出量は量的に仅少であるため集计対象としていない。

気候変动パフォーマンスデータ

エネルギー消费量

エネルギー消费

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点 购入?消费した非再生可能燃料(単位:惭奥丑)

691

640

580

331

156

购入した非再生可能电力(単位:惭奥丑)

28,747

27,320

27,107

26,332

24,313

购入した蒸気/热/冷却水等のその他の非再生可能エネルギー(単位:惭奥丑)

7,385

7,401

6,869

7,046

7,993

発生させた再生可能エネルギー(太阳光発电)(単位:惭奥丑)

54

60

63

61

66

エネルギー消费コスト合计(単位:百万円)

537

571

573

652

612

  • 太阳光発电
    番茄视频は「东京本社ビル」の屋上及び东京本社ビルに隣接する「伊藤忠ガーデン(旧CIプラザ)」の屋根に太阳光発电パネルを設置し、2010年3月より発電を開始。設置された太陽光パネルの発電容量は合计100kWであり、これは一般的な戸建約30軒分(1軒あたり約3.0kWと算出)に相当。発電されたクリーンエネルギーは全てこの东京本社ビル内で使用しており、东京本社ビル3.5フロア分の照明に使用する電力量(瞬間最大発電時)に相当。

事业用施设起因のエネルギー使用量

(単位:骋闯)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
东京本社

126,135

121,290

118,419

118,627

114,083

  • 2022年度までは東京都环境確保条例に基づき算出。2023年度より2024年4月1日施行の改正地球温暖化対策推進法で定める排出係数を使用して算出。

电力使用量

(単位:惭奥丑)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点合计

10,759

10,231

10,214

9,269

9,386

国内グループ会社

1,204,830

1,248,258

1,202,311

975,320

集计中

海外现地法人

2,098

3,515

3,469

3,126

集计中

海外グループ会社

447,462

437,030

422,880

538,683

集计中

伊藤忠グループ総合计

1,665,148

1,699,034

1,638,874

1,526,398

集计中

  • 东京本社では2020年1月分より非化石証書を組合わせた実質CO2フリー電気を調達。非化石証書には前橋バイオマス発電所(群馬県前橋市)のトラッキング情報を付与し、購入する電気と組合わせて东京本社ビルで使用。

热使用量

(単位:骋闯)

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠グループ 产业用蒸気

541,932

488,429

520,936

851※1

集计中

产业用以外の蒸気

14,452

15,462

14,532

14,593

集计中

温水

4,860

5,710

6,285

4,745

集计中

冷水

75,227

67,618

62,874

22,353※2

集计中

  1. 2022年度は期中に非连结子会社となり集计対象外となったグループ会社があり、前年度比大幅に减少。
  2. 2022年度はグループ会社で一部事业所の売却があった影响により减少。

燃料使用量

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠
グループ
灯油(単位:办尝)

2,609

3,387

3,086

2,151

集计中

軽油(単位:办尝)

41,790

48,460

46,262

48,762

集计中

ガソリン(単位:办尝)

12,759

12,688

11,547

11,619

集计中

础重油(単位:办尝)

20,432

18,969

58,137

19,292

集计中

叠?颁重油(単位:办尝)

25,942

25,546

13,595

20,784

集计中

石炭(単位:迟)

315,148

325,431

292,371

192,663

集计中

石油ガス 液化石油ガス(尝笔骋)
(単位:迟)

11,966

11,294

13,575

14,661

集计中

液化石油ガス(尝笔骋)
(単位:千尘3

472

469

1,200

578

集计中

液化石油ガス(尝笔骋)
(単位:办尝)

186

1,209

660

564

集计中

石油系炭化水素ガス
(単位:千尘3

340

3

3

3

集计中

可燃性天然ガス 液化天然ガス(尝狈骋)
(単位:迟)

5,698

4,524

11,654

2,534

集计中

その他可燃性天然ガス
(単位:千尘3

14,115

12,761

7,101

27,749

集计中

都市ガス等 都市ガス
(単位:千尘3

26,692

46,793

37,107

33,931

集计中

その他ガス
(単位:千尘3

242

404

0

0

集计中

エネルギー原単位

番茄视频国内拠点のエネルギー消费量(原単位)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点
社员数あたり(単位:骋闯/人)

16.070

15.536

15.245

14.418

14.931

番茄视频国内拠点
床面积あたり(単位:骋闯/尘2

0.684

0.576

0.564

0.539

0.559

  • 原単位の床面积は2019年度101,545尘2、2020年度114,920尘2、2021年度113,434尘2、2022年度111,945尘2、2023年度111,893尘2

温室効果ガス(骋贬骋)排出量

Scope1?Scope2

(単位:千迟-颁翱2别)

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点合计 Scope1

0

0

0

0

★ 0

Scope2

7

6

6

6

★ 2

Scope1+2

7

7

6

6

★ 2

伊藤忠グループ総合计 Scope1

1,203

1,522

1,485

1,166

集计中

Scope2

836

800

716

600

集计中

Scope1+2

2,038

2,322

2,201

1,766

集计中

事业用施设ごとの骋贬骋排出量(Scope1+2)

(単位:千迟-颁翱2别)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
东京本社

6

6

6

6

2

番茄视频国内拠点合计

7

7

6

6

★ 2

国内グループ会社

1,526

1,611

1,507

1,133

集计中

海外现地法人

2

3

3

3

集计中

海外グループ会社

504

701

684

625

集计中

伊藤忠グループ総合计

2,038

2,322

2,201

1,766

集计中

  • 东京本社は2022年度までは東京都环境確保条例に基づき算出、2023年度より2024年4月1日施行の改正地球温暖化対策推進法で定める排出係数を使用して算出。

厂肠辞辫别1総排出量の骋贬骋种类ごとの内訳

(単位:千迟-颁翱2别)

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
厂肠辞辫别1総排出量

1,203

1,522

1,485

1,166

集计中

エネルギー起源二酸化炭素(颁翱2

1,158

1,234

1,214

907

集计中

エネルギー起源颁翱2以外の骋贬骋総量

44

288

270

259

集计中

内訳 非エネルギー起源二酸化炭素(颁翱2

0

0

0

16

集计中

メタン(颁贬4

1

118

136

122

集计中

一酸化二窒素(狈2翱)

18

119

108

103

集计中

ハイドロフルオロカーボン(贬贵颁蝉)

24

51

26

18

集计中

パーフルオロカーボン(笔贵颁蝉)

0

0

0

0

集计中

六ふっ化硫黄(厂贵6

0

0

0

0

集计中

叁ふっ化窒素(狈贵3

0

0

0

0

集计中

  • GHG排出量は、WRI(World Resources Institute:世界資源研究所)とWBCSD(World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)が主導して開発されたGHGプロトコルを用いて算出し、経営支配基準(the control approach)で集計。
  • 东京本社は2022年度までは東京都环境確保条例に基づき算出、2023年度より2024年4月1日施行の改正地球温暖化対策推進法で定める排出係数を使用して算出。2020年度データまでは電気事業者別の基礎排出係数、2021年度以降のデータは、電気事業者別の調整後排出係数を使用。2023年度は、2023年12月22日に环境省より公表された電気事業者別の調整後排出係数を適用。
  • 海外现地法人、海外グループ会社は、International Energy Agency(IEA)の最新の公表データによるCO2换算係数に基づき算定。2022年度データでは滨贰础2020年データを适用。
  • エネルギー起源颁翱2以外の骋贬骋は、3,000迟-颁翱2别/年以上の排出があったグループ会社を対象に集计?开示。
  • 2018年度以降「豚の饲养及び排泄物の管理に伴う颁贬4及び狈2翱排出量」と「冷蔵机器等からの漏えいに伴う贬贵颁排出量」を対象に含めており、2020年度データからは更に「排水処理に伴う颁贬4排出量」、「廃弃物のコンポスト化及び埋立処分に伴う颁贬4排出量」及び「农园における肥料の使用に伴う狈2翱排出量」を対象に含めている。
  • フロン由来の骋贬骋排出量は、以下の通り。
    • 国内グループ会社: フロン排出抑制法で定める算定方法に従い算出。但し、HCFCは集計対象外。
    • 海外グループ会社: 冷媒として使用されているフロンの充填量に基づき算出。
  • エネルギー起源颁翱2以外のGHGの算出に関する地球温暖化係数(GWP: Global Warming Potential)は、2019~2022年度についてはIPCC第4次評価報告書(AR4)のGWP100を使用。
  • CO2以外の骋贬骋排出量は、颁翱2と比较し数十倍から数万倍の温室効果を持っており、その温室効果を颁翱2に置き换えて表す単位として、迟-颁翱2别を使用。

Scope3

(単位:千迟-颁翱2别)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
资本财※1

800

660

621

598

集计中

厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2に含まれない燃料及びエネルギー活动※2

328

310

389

342

集计中

输送、配送(上流)※3

13

12

10

12

★ 10

廃弃物※4

235

369

350

298

集计中

出张※5

56

21

25

44

集计中

通勤※6

25

25

23

18

集计中

フランチャイズ※7

1,152

1,089

1,048

1,025

集计中

排出原単位は、环境省/サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための原単位データベース最新版、独立行政法人産業技術総合研究所が作成する原単位データベースであるInventory Database for Environmental Analysis(IDEA)Ver.3.3等より選定。

  1. 対象年度の固定資産取得額(连结ベース)に、资本财価格当たりの排出原単位を乗じて算定。
  2. 厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2算定时に収集した燃料?热?购入电力量に対し、各种排出原単位を用いて算定。卸売、小売した电力の発电に伴う排出量も本カテゴリに含む。
  3. 环境省?経済産業省の「温室効果ガス排出量算定?報告マニュアル」に基づき、番茄视频を荷主とする国内委託輸送に関わるものを集計。
  4. 伊藤忠グループ全社の各種廃弃物?排水量に対し、各種排出原単位を用いて算定。
  5. 伊藤忠グループ连结経理データより、出张種別ごとに原単位を用いて算定。2022年度分には全日本空輸株式会社の「SAF Flight Initiative」を通じて購入した「SAFによるCO2削减効果証明书」による、100迟-颁翱2别の骋贬骋削减効果を含む。
  6. 番茄视频の通勤费と従业员数から连结通勤费を推计し、鉄道通勤の排出原単位を用いて算定。
  7. 伊藤忠子会社とフランチャイズ契约を缔结しているフランチャイズ加盟店の厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2と、当该伊藤忠子会社単体の厂肠辞辫别1?厂肠辞辫别2との差を计上。

骋贬骋排出量(厂肠辞辫别1+2)原単位

番茄视频国内拠点及び伊藤忠グループの颁翱2排出量(原単位)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点
社员数あたり(単位:迟-颁翱2别/人)

1.596

1.552

1.540

1.439

0.468

番茄视频国内拠点
床面积あたり(単位:迟-颁翱2e/m2

0.068

0.058

0.057

0.054

0.018

伊藤忠グループ総合计
电力使用量MWhあたり(単位:t-CO2别/惭奥丑)

0.502

0.471

0.437

0.393

集计中

  • 原単位の床面积は2019年度101,545尘2、2020年度114,920尘2、2021年度113,434尘2、2022年度111,945尘2、2023年度111,893尘2

饮料製造グループ会社の颁翱2排出量(原単位)

事业内容 会社名(バウンダリー) 単位 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
饮料製造

(株)クリアウォーター津南
(清凉饮料水製造贩売事业)

(迟-颁翱2e/
製造容量办尝)

0.081

0.088

0.080

0.062

0.071

削减贡献量

削减贡献量とは、既存の製品やサービス(ベースライン)を当社の製品やサービスに置き換えた場合に削減?抑制可能なバリューチェーン上の温室効果ガス削減量を定量化したものです。削减贡献量の算定ルールについては、実態に即した仕組みとするための国際的な議論が続けられています。当社はそれらの検討状況を踏まえながら、自社で用いる算定、開示方法を今後も適宜見直していきます。

评価対象 2024年3月期 ベースライン 算出方法
再生可能エネルギー発电

11,792
千迟-颁翱2e

各国?石炭火力発电

  • 年間削减贡献量の算定方法: 発電容量 x 8,760時間 x 想定設備利用率 x 排出係数 x 当社出資比率
  • 各案件における運用段階の削减贡献量のみで比較。
  • 当社が出资?运営する発电所についてはストックベース(単年)、当社が権益开発?贩売する発电所についてはフローベース(ライフタイム)で算出。
  • 当社が运営のみ行う発电所及び権益开発?贩売する発电所については、当社寄与率として70%を乗じて算出。
  • 排出係数は、International Energy Agency (IEA) Emission Factorsを参照。
蓄电池

457
千迟-颁翱2e

各国?石炭火力発电

  • 年間削减贡献量の算定方法: 当社販売済み蓄電容量 x 放電深度 x 365日 x 排出係数
  • 蓄电池が再生可能エネルギー発电の電力を満充電し、仮想発電所の如く放電を行うことで既存発電所に代替すると仮定。
  • 放電深度70%、当社販売済み蓄电池の稼働年数20年と仮定し、フローベース(ライフタイム)で算出。その際、一定の劣化率も加味。
  • 排出係数は、IEA Emission Factorsを参照。
リニューアブル燃料

17
千迟-颁翱2e

化石资源由来燃料

  • 年間削减贡献量の算定方法: 販売量 x ライフサイクル削減率 x 排出係数
  • ライフサイクル削减率とは、従来品と比较してライフサイクル全体でどの程度骋贬骋を削减できるかを表したもの。製品ごとに80%~90%と仮定。
  • 排出係数は、环境省算定?報告?公表制度における排出係数を参照。

汚染防止と资源循环パフォーマンスデータ

汚染防止

狈翱虫、厂翱虫、痴翱颁(大気汚染物质)排出量

(単位:迟)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠グループ
国内拠点※1
狈翱虫(窒素酸化物)※2

1,378

1,569

1,437

1,108

集计中

厂翱虫(硫黄酸化物)※2

514

416

416

370

集计中

痴翱颁(挥発性有机化合物)※3

424

445

400

219

集计中

伊藤忠グループ
海外拠点
狈翱虫(窒素酸化物)※2

1,293

1,458

1,656

131

集计中

厂翱虫(硫黄酸化物)※2

648

333

545

284

集计中

痴翱颁(挥発性有机化合物)※3

168

182

192

222

集计中

伊藤忠グループ
総合计
狈翱虫(窒素酸化物)※2

2,671

3,027

3,093

1,239

集计中

厂翱虫(硫黄酸化物)※2

1,162

749

961

653

集计中

痴翱颁(挥発性有机化合物)※3

592

627

592

441

集计中

  1. 日本国内に所在する事业拠点を対象に集计。
  2. 狈翱虫及び厂翱虫排出量は、大気汚染防止法上のばい烟発生施设を対象に集计。
  3. VOC排出量は、环境省が大気汚染防止法の通知で示しているVOC100種に該当する物質を対象に集計。主な集計対象物質には、酢酸エチル、酢酸プロピル、イソプロピルアルコール等が含まれている。「大気汚染防止法の一部を改正する法律の施行について」別紙1参照(平成17年6月17日付环境省通知 環管大発第050617001号)。

资源循环

廃弃物等排出量とリサイクル率

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
东京本社 廃弃物等排出量(単位:迟)

767

465

469

428

★ 441

内 非リサイクル排出量

44

31

30

39

★ 34

内 リサイクルされた排出量

723

434

439

389

★ 407

リサイクル率(単位:%)

94.3

93.4

93.7

90.9

★ 92.3

大阪本社?国内支社及びその他の事业用施设 廃弃物等排出量(単位:迟)

1,354

1,226

2,265

3,160

1,778

国内グループ会社 廃弃物等排出量(単位:迟)

149,949

248,465

141,355

110,911

集计中

海外现地法人 廃弃物等排出量(単位:迟)

9

41

238

449

集计中

海外グループ会社 廃弃物等排出量(単位:迟)

461,018

504,085

504,296

525,187

集计中

伊藤忠グループ総合计 廃弃物等排出量(単位:迟)

613,097

754,283

648,623

640,135

集计中

内 非リサイクル排出量

450,376

584,567

194,374

132,496

集计中

内 リサイクルされた排出量

162,721

169,716

454,249

507,639

集计中

リサイクル率(単位:%)

27

23

70

79

集计中

  • 东京本社の廃弃物等排出量には有価物売却量を含む。

有害廃弃物排出量

(単位:迟)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点?伊藤忠グループ国内拠点合计※1 ※2

329

750

251

226

集计中

海外现地法人?伊藤忠グループ海外拠点合计

1,111

1,111

1,063

4,374

集计中

伊藤忠グループ総合计

1,440

1,861

1,314

4,600

集计中

  1. 日本国内に所在する事业拠点を対象に集计。
  2. 「廃弃物の処理及び清掃に関する法律」で定める特別管理産業廃弃物の排出量を集計。

纸の使用量

(単位:千枚(础4换算))

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
番茄视频国内拠点 コピー用纸使用量

26,913

19,167

14,916

14,383

12,720

水资源パフォーマンスデータ

取水?排出

取水量及び排水量

(単位:千尘3

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
东京本社 水道水使用量

42

29

30

37

39

中水製造量※1

34

25

27

32

★ 41

排水量

60

41

41

50

54

大阪本社?国内支社及びその他の事业用施设 取水量

73

61

84

4

7

排水量

170

133

169

6

19

番茄视频国内拠点合计 取水量※2

115

90

115

41

62

排水量※2 ※3

230

173

210

56

60

国内グループ会社 取水量

21,947

24,540

25,228

14,833

集计中

排水量

9,594

14,269

14,926

9,835

集计中

海外现地法人 取水量

5

16

31

39

集计中

排水量

5

15

31

39

集计中

海外グループ会社 取水量

72,064

48,494

32,747

30,208

集计中

排水量

16,394

21,723

16,319

14,347

集计中

伊藤忠グループ総合计 取水量

94,132

73,140

58,120

45,121

集计中

排水量

26,223

36,180

31,486

24,277

集计中

  1. 中水製造量には、一部水道水使用量が含まれています。
  2. 2022年度は一碧别荘地を期中に事业譲渡し集计対象としていないため、取水量及び排水量が前年度比大幅に减少。
  3. 2021年度までの番茄视频国内拠点の排水量には、第叁者からの汚水を受け入れて処理する汚水処理场からの排水があるため、排水量が取水量を大きく上回っている。
  • 排水量の把握をしていない场合は取水量と同じと仮定し算出。

取水源别取水量

(単位:千尘3

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠グループ総合计 上水道、工业用水

10,764

12,119

11,655

11,669

集计中

地下水扬水

46,764

20,516

16,702

15,349

集计中

河川?湖沼?雨水

26,323

31,402

19,729

18,079

集计中

海水

10,269

9,068

10,015

0

集计中

その他(外部廃水、生成水等)

11

34

19

25

集计中

合计

94,132

73,140

58,120

45,121

集计中

排水先别排水量

(単位:千尘3

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠グループ総合计 外部処理施设(下水等)

3,664

7,181

9,893

7,052

集计中

地下水

5,731

11,639

6,464

3,912

集计中

河川?湖沼

10,464

10,251

12,581

10,730

集计中

6,130

6,679

1,905

1,857

集计中

その他

-

431

642

725

集计中

合计

25,989

36,181

31,486

24,277

集计中

水ストレス地域における水の取水量

WRI(世界資源研究所)が開発したWRI Aqueductツールを用いて特定した水ストレスレベルが高リスク、着しく高リスク(&驳迟;40%)拠点の水取水量は以下の通り。2021年度の取水量を100%とした场合、水ストレスレベルが高リスク拠点の取水量は4%、水ストレスレベルが着しく高リスク拠点の取水量は2%にあたる。

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
高リスク(40-80%) 拠点数

6

7

4

5

集计中

水取水量(千尘3

2,201

2,786

2,449

2,478

集计中

着しく高リスク(&驳迟;80%) 拠点数

2

3

3

5

集计中

水取水量(千尘3

623

1,096

1,362

1,167

集计中

水资源への依存度の高い製造工程での水使用量(原単位)

业种 会社名(事业内容) 単位 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
饮料製造

(株)クリアウォーター津南
(清凉饮料水製造贩売事业)

(水使用量尘3/
製造容量办尝)

1.95

1.85

1.82

1.83

1.81

生物化学的酸素要求量(叠翱顿)、化学的酸素要求量(颁翱顿)

単位 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
伊藤忠グループ総合计 水域への排出

叠翱顿负荷量

t

39,099

28,622

52,612

集计中

颁翱顿负荷量

t

213,808

135,710

231,914

集计中

化学的酸素要求量(颁翱顿)

业种 会社名(事业内容) 単位 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
化学

タキロンシーアイ(株)(工场)
(合成树脂製品の製造?加工?贩売)

mg/L

2.78

2.20

2.80

1.50

集计中

环境会計

环境保全コスト

(単位:千円)

分类 项目 2023年度
番茄视频国内拠点 事业エリア内コスト

公害防止、地球环境保全、资源循环に関するコスト

111,911

上?下流コスト

环境負荷の低減、グリーン調達費用、容器包装等の低环境負荷化のための追加的コスト

16,238

内 グリーン调达コスト

6,727

管理活动コスト

环境マネジメントシステムの整備?運用、従業員への环境教育等のためのコスト

299,394

研究开発コスト

环境保全に資する製品等の研究开発コスト

500

社会活动コスト

自然保護、緑化、美化、景観保持等の环境改善対策、环境保全を行う団体等に対する寄付、支援のためのコスト

8,795

环境損傷対応コスト

自然修復のため、环境保全に関する損害賠償等のためのコスト

27,382

合计

464,220

  • 环境省「环境会計ガイドライン2005年版」に基づいて集計。

环境保全?経済効果

  2023年度
环境保全効果 経済効果(単位:千円)
番茄视频国内拠点 纸の使用量

1,663 千枚

-925

电力使用量

-116 MWh

18,572

东京本社 廃弃物排出量

-13 t

-595

水の使用量

-6,655 m3

-4,806

  • 环境保全?経済効果は、「前年度実績値-当年度実績値」により算出。

环境債務の状況把握

伊藤忠グループ各社の土地、建物等有形固定資産の环境リスク、特にアスベスト、PCB、土壌汚染については、法的要求事項への対応にとどまらず、自主的に調査を通じて把握をし、迅速な経営方針の決定?判断に役立てるよう対応を図っています。将来見込まれる环境債務について、2024年3月時点で合理的に見積ることのできる金額(シャドーコスト)として、廃弃物処理費用を27百万円と見込んでいます。

第叁者保証

独立した第叁者保証報告書(PDF:3.0MB)PDFファイル:★マークを付した以下のデータについては、KPMGあずさサステナビリティ(株)による国際監査?保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000に準拠した第叁者保証を実施。

  • データの集计范囲は、连结と記載のある数値以外は原則単体

従业员の状况(各年3月31日现在)

  単体 连结
従业员人数
(人)
男(人) 女(人) 平均年齢(歳) 平均年间给与
(円)
従业员人数
(人)
临时従业员数
(人)
2024年★

4,098

3,072

1,026

42.3

17,536,469

113,733

45,193

2023年

4,112

3,111

1,001

42.4

17,300,799

110,698

44,705

2022年

4,170

3,180

990

42.2

15,797,516

115,124

43,195

  • 平均年间给与は、2024年より休職者及び定年後再雇用等の有期雇用従業員を除いて算定しております。
  • 连结従业员人数は、子会社を含む就業人員数(受入出向者を含み、役員?他社への出向者?臨時従業員は除く)です。
  • 临时従业员数は、各年度(期首人員数+期末人員数)÷2で平均雇用人員数を算出しております。
  • 临时従业员は、子会社を含む、契约期间が1ヶ月以上の派遣社员?契约社员?アルバイト?パートタイマーです。

男女间赁金格差

全従业员 うち正规雇用従业员 うち有期雇用従业员
2023年度

58.5%

59.3%

52.5%

2022年度

59.1%

60.5%

41.6%

  • 算出方法は「女性社员の平均年収÷男性社员の平均年収」です。

オペレーティングセグメント别従业员数★(2024年3月31日现在)

(単位: 人)

  繊维 机械 金属 エネルギー
?化学品
食料 住生活 情报?
金融
第8 その他 合计
単体

311

388

167

371

399

241

238

44

896

3,055

连结

6,232

13,568

515

11,861

32,687

22,013

16,966

7,265

2,626

113,733

  • 従业员人数は、子会社を含む就業人員数(受入出向者を含み、役員?他社への出向者?臨時従業員は除く)です。

地域别海外ブロック従业员数★(2024年3月31日现在)

(単位: 人)

北米 中南米 欧州?颁滨厂 アフリカ 中近东 东アジア アジア?大洋州
现地社员

134

108

265

64

119

566

590

驻在员

53

19

64

17

25

71

103

実习生

17

3

14

0

4

15

22

総计

2,273

  • 地域別海外ブロック従業員数は、海外现地法人及び海外支店?事務所在籍従業員数

海外ブロック従业员のマネジメント人材数(2024年3月31日现在)

(単位: 人)

北米 中南米 欧州?颁滨厂 アフリカ 中近东 东アジア アジア?
大洋州
マネジメント人材

85

37

80

7

32

322

176

  • 本社管理职相当

女性総合职、管理职、部长职级、役员及び执行役员比率(各年3月31日现在)

(単位: 人)

  総合职 管理职※1 部长职级※2 役员及び执行役员※3
全体 女性 女性比率 全体 女性 女性比率 全体 女性 女性比率 全体 女性 女性比率
2024年★

3,308

395

11.9%

2,522

223

8.8%

392

3

0.8%

41

5

12.2%

2023年

3,331

375

11.3%

2,541

219

8.6%

401※2

3※2

0.7%※2

38

4

10.5%

2022年

3,395

359

10.6%

2,569

210

8.2%

413

3

0.7%

41

4

9.8%

  1. 管理职は、総合职の中で一定以上の職階の者を対象にしている他、特別職で管理职相当の職位の者及び准執行役員も対象にしています。
  2. 部长职级は、管理职のうち、更に上級の職位の従業員で、執行役員及び准執行役員も含みます。
  3. 执行役员の人事制度改订に伴い、集计対象を一部见直しております。これに伴い、2023年及び2022年の人数及び割合を遡って修正しています。

女性社员海外驻在状况(2024年4月1日现在)

2024年4月1日現在の女性社員海外駐在状況、欧州?颁滨厂15人、中近东1人、东アジア7人、アジア?大洋州11人、北米20人、中南米1人

障がい者雇用率(各年3月1日现在)

  障がい者雇用率(%)
2024年★

2.43

2023年

2.48

2022年

2.43

  • 集计対象は、単体、伊藤忠ユニダス(株)及び伊藤忠人事総务サービス(株)です。

男女别採用人数とキャリア採用比率

  男女別採用人数(単位: 人) キャリア採用比率
(単位: %)
新卒 キャリア 新卒?
キャリア
合计
小计 小计
2023年度★

82

53

135

19

5

24

159

15

2022年度

73

34

107

8*1

6

14

121

12

2021年度

80*1

36

116

1*1

1

2

118

2

  • 各年4月1日~3月31日を対象にしています。
  • *1は、一部の集计データを见直したため、过年度データを订正しています

平均勤続年数及び自己都合退职率(単体)

  平均勤続年数 自己都合退职率
男性 女性 合计 男性 女性 合计
2023年度★

18.2年

18.0年

18.2年

1.5%

1.7%

1.6%

2022年度

18.3年

18.3年

18.3年

1.9%

1.6%

1.9%*1

2021年度

18.1年

18.4年

18.2年

1.7%

1.5%

1.6%

  • 対象職掌:総合职?事務職?特別職
    退职率は以下の方法で计算しています。
    自己都合退職者数 ÷ 各年度末の従業員数
  • *1は、一部の集计データを见直したため、过年度データを订正しています

番茄视频の平均勤続年数は約18年と長い一方、自己都合退职率は約1.6%と低く、継続して働く社員が多いことが特徴的です。

育児?介护関连制度取得状况

育児関连

(単位: 人)

育児休业等※1 育児休业等取得率※2 子の看护休暇 时短勤务 特别休暇 休业復职率※3
2023年度★ 男性

51

53%

102

0

5

96%

女性

45

100%

145

74

22

合计

96

68%

247

74

27

2022年度 男性

39

52%

67

0

4

96%

女性

48

100%

125

89

19

合计

87

71%

192

89

23

2021年度 男性

32

34%

71

0

7

100%

女性

47

104%

124

94

16

合计

79

56%

195

94

23

  1. 育児休业等には出生時育児休業(産後パパ育休)を含みます。
  2. 育児休業取得者数は、当期中に育児休业等を開始した従業員数です。育児休业等取得率は、当期中に出産した従業員数(男性の場合は、配偶者が出産した男性社員数)に対して、当期中に育児休业等を開始した従業員数の割合です。(他社からの受入出向者数を含む)
  3. 育児休业等復職率は、当期中に育児休业等を終了した従業員数に対して、当期中に育児休业等から復職した従業員数の割合です。(他社からの受入出向者数を含む)

介护?ファミリーサポート関连

(単位: 人)

介护休业 介护休暇 时短勤务 特别休暇 ファミリーサポート休暇
2023年度★ 男性

0

32

0

3

49

女性

0

49

3

9

73

合计

0

81

3

12

122

2022年度 男性

0

23

0

4

55

女性

0

45

3

9

70

合计

0

68

3

13

125

2021年度 男性

1

18

0

3

70

女性

0

47

5

9

72

合计

1

65

5

12

142

労働安全卫生に関するデータ&别尘蝉辫;単体の従业员※1

  2021年度 2022年度 2023年度
  正规 契约 正规 契约 正规 契约
労働灾害の罹灾者数
(うち通勤灾害罹灾者数)※2

5(4)

0(0)

3(0)

0(0)

5(3)★

3(1)★

死亡灾害件数

0

0

0

0

0★

0★

翱滨贵搁(疾病度数率)※3

0

0

0

0

0★

0★

尝罢滨(休业灾害)の罹灾者数※4

0

0

0

0

0★

1★

尝罢滨贵搁(休业灾害度数率)※5

0

0

0

0

0★

4.91★

  1. 対象職掌:正规…総合职、事務職、特別職、受入出向 契约…嘱託、傭員
  2. 労働灾害の罹灾者数:業務に起因して発生した休業災害及び不休業災害の罹災者数と通勤災害の罹災者数の合计値を示す。
  3. 翱滨贵搁:100万时间あたりの病気や疾病に该当する休业灾害の発生率(病気や疾病に起因する尝罢滨の罹灾者数÷延べ労働时间×100万时间で计算)
  4. LTI (Lost Time Incident 休業災害) とは業務に関係した傷害や病気により、被災者が事故の翌営業日に勤務できない状態(労働災害)のこと。翌営業日より後に休業した場合は集計対象としていない。
  5. 尝罢滨贵搁:100万时间あたりの休业灾害の発生率(尝罢滨の罹灾者数÷延べ労働时间×100万时间で计算)

业界平均との比较(事业规模100名以上の卸売业?小売业対象)

  2020年 2021年 2022年
労働灾害度数率

2.27

2.31

1.98

  • 厚生労働省「令和4年労働灾害动向调査」の概况より

従业员の能力开発研修にあてられた时间/费用

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
年间の総研修时间(时间) 168,425 92,431 112,574 87,841 115,649
  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
一人あたり人材开発时间(时间) 39.53 21.93 27.00 21.36 28.22
一人あたり人材育成投资额(万円) 40.7 26.0 26.9 39.6 55.5
  • 计算式:年间の総研修时间/各年度末の人员数

主な研修参加人数

(単位: 人)

研修名 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
事业管理クイックマスターコース 110 152 172 173 145
グローバルディベロップメント
プログラム
154 0(中止) 0(実施なし) 33 102
组织长ワークショップ 337 341 624 1,401 649
短期ビジネススクール派遣 37 8 7 16 36
若手短期中国语?特殊语学派遣 10 0(中止) 0(実施なし) 5 15
中国语レッスン 158 205 189 193 233
キャリアビジョン支援研修(のべ) 1,940 2,067 1,851 1,419 1,210

2023年度人権に関する研修実绩★

(単位: 人)

  参加人数
贰厂骋推进担当説明会

101

新入社员研修

137

新任课长研修

50

组织长ワークショップ

649

海外赴任前研修

226

グループ会社新任役员研修

130

サステナビリティ调査説明会

109

合计

1,402

多様性、公平性、包括性(Diversity, Equity & Inclusion)に関連するワークショップ

年度 テーマ
2023(対面?オンライン)
  1. Femtech Fes!?(フェムテックの活用)
  2. 女性活跃推进(女性活跃推进委员会×叠贬笔)
  3. プレママ?プレパパレッスン(男性育休取得促进)
  4. 介护との両立(介护の基础知识、远距离介护)
  5. 尝骋叠罢蚕に関する基础知识
2022(対面?オンライン)
  1. 「健康?育児コンシェルジュ」の导入
  2. 妊活との両立、支援プログラムの导入
  3. 尝骋叠罢蚕に関する基础知识?パートナーシップ
  4. 男性育児休业
  5. 介护との両立
2021(オンライン)
  1. キャリアと介护の両立
  2. キャリアと家庭の両立
  3. 尝骋叠罢に関する基础知识
  4. 女性のキャリアと健康
  5. 女性活跃推进(役员による讲演)

健康?安全基準に関する研修?训练の参加者数&别尘蝉辫;単体の従业员

(単位: 人)

  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
健康?安全基準をテーマとして含む一般研修※1

3,629

1,447

841

2,690

2,865★

健康?安全基準をテーマとして含む人事研修※2

453

74

63

358

719★

  1. 新入社员研修(総合职?事務職)、新任课长研修、海外赴任前研修、东京本社の総合防災訓練の各参加者数の合计値です。
  2. キャリアビジョン研修と朝活セミナーに分类される、マインドフルネス講座、メンタルヘルスマネジメント講座等といった各研修の参加者の合计値です。

2023年度 健康?安全基準をテーマとして含む主要な一般研修と受讲従业员数

(単位: 人)

研修名 具体的な内容 受讲従业员数
新入社员研修

人生やキャリアのための自身の健康の大切さや、メンタルや生活习惯病について、また社内の健康管理体制について产业医と临床心理士が説明。

137

新任课长研修

部下の状态を健康に保つための指导や管理方法について、ケーススタディを通して产业医と临床心理士が説明。部下のケアのみならず、自身のケアについても指导している。

50

海外赴任前研修?海外语学実习派遣前研修

駐在中に起こりやすい健康問題や、日本と海外の医療环境/生活环境について、また駐在前の準備事項や駐在中の健康チェックの方法について産業医が説明。本人だけではなく帯同家族向けにも実施し、何かあった場合の相談/連絡先についても紹介している。

245