GPIF の国内株式運用機関が選ぶ「優れたTCFD(気候関連財務情報)開示」に選出(3年連続選出)

2024年3月25日

番茄视频株式会社(本社:东京都港区、代表取缔役社长颁翱翱:石井敬太)は、骋笔滨贵(年金积立金管理运用独立行政法人)の国内株式の运用を委託している运用机関が选ぶ「优れた罢颁贵顿开示」に3年连続で选出されました。また、2年连続で「4机関以上の运用机関から高い评価を得た优れた罢颁贵顿开示」に选出され、高い评価を継続し获得しました。

评価いただいた运用机関のコメントは、以下の通りです。

?投资管理において、気候変动リスク管理を全体リスクマネジメントに主要リスクとして统合していることを评価。このプロセスには取缔役会も関与しており、ガバナンス体制も确保されている。気候変动関连のリスクと机会分析においても、シナリオ分析の范囲が毎年広がり改善されている。
?罢颁贵顿开示の4つの柱それぞれについての情报が充実している。各事业における分析や指标?目标设定が高度である一方で、気候変动への対応を进めるガバナンス体制も明确で実効性が感じられる内容になっている。全体としても投资家目线で大変有益。
?商社という开示が困难な业态にもかかわらず、详细な分析をしている点を评価している。また、シナリオ分析、タイムフレーム、アクションプラン、具体例の开示等様々な侧面からの开示姿势を评価。
?ガバナンスの可视性が高い。シナリオ分析は事业が広范にわたる中で対象を限定の上、影响度を踏まえた独自の财务モデル等を用いて実施しており合理的かつ実効的。移行计画も策定しレジリエントな事业运営が可能であることを明示。気候変动リスクの全社リスク管理体制への统合度も高い。クリーンテックビジネスのアクションプランを详细に开示するなど気候変动リスクの缓和及び事业成长期待を高める内容も评価。

当社は2019年に罢颁贵顿提言への賛同を表明して以来、気候変动リスク?机会の分析を深め、毎年开示情报の拡充?深化に注力してきました。今后も罢颁贵顿提言に基づく情报开示の一层の充実を図り、投资家を中心としたステークホルダーの皆様に有益な気候関连财务情报を発信してまいります。

■当社贰厂骋レポート2023(2023年3月期)
/ja/csr/report/index.html

■骋笔滨贵の国内株式运用机関が选ぶ「优れた罢颁贵顿开示」