神宫外苑再开発について

2024年7月3日

本件に関しましては、様々な方よりご質問やご意見を頂戴しており、その都度誠意をもって対応して参りましたが、大変遺憾なことに、2023年10 月に「番茄视频 SDGs STUDIO」内の子供向け施設を含む4か所に対し、环境問題に取り組む一部の活動家による落書きがなされるという被害を受けました。一部報道によりますと既にこれらの活動家は書類送検されたとのことですが、このような悪質な行為は決して許されるものではなく、斯様な行為に対しては、当社は今後も毅然とした姿勢で臨む所存です。
また、2024年6月21日(金)に大阪にて行われました当社株主総会にて、神宮外苑再開発につきましては、その重要性に鑑み、質疑応答に先立ち十分な時間を割いて、丁寧なご説明をさせていただきました。しかしながら、質疑応答に入ると、环境活動家の方が、議長からの論点整理等のお願いにも拘わらず、長々と持論を展開されるという事態も起こりました。

神宫外苑再开発事业は、叁井不动产を代表施行者とし、明治神宫、日本スポーツ振兴センターと当社の4社でコンソーシアムを组み行っているものですが、斯様な状况を踏まえ、改めまして今一度、正しくご理解いただくために、当社が再开発に参加する意义や緑の保全についてご説明をさせていただきます。

まず「再開発」という言葉から、当プロジェクトが一帯の樹木や自然环境をむやみに破壊してしまうかのような誤解が生じているのではないかと懸念しております。
我々の計画は今の、そしてこれからの「みどりを守る」プロジェクトであり、环境が破壊されてしまうことを懸念されている一部の方々の誤解とは全く異なるものです。
日顷、皆様に亲しまれている神宫外苑のみどりを维持するためには、継続的な树木の管理、倒木や古くなった树木の植え替えがどうしても必要です。神宫外苑の緑は人工林です。これらの管理や维持を日々行っているのは行政等ではなく、明治神宫をはじめとする土地所有者です。土地所有者の弛まぬ自助努力により、永年に亘り神宫外苑のみどりは守られてきました。因みに、当社敷地には当社社屋と付帯商业施设があり、树木につきましては街路树や生垣、中庭の植栽などがあるのみです。

「みどりを守る」には当然のことながら大変多くの资金が必要です。その资金は、秩父宫ラグビー场、神宫球场等神宫外苑にある施设からの収入より得られています。その一方で、これらの施设の老朽化は进んでいます。秩父宫ラグビー场は筑76年、神宫球场においては筑约100年と多くの时间が経过しており、施设の安全性?防灾性の向上、またバリアフリー対応等への更新という観点から、建替が喫紧の课题となっています。当社本社ビルもまた然りです。

番茄视频が当プロジェクトに参画した経纬は、筑43年を経过し老朽化が始まりつつある东京本社ビルの建替を検讨するにあたり、既に计画検讨が始まっていた神宫外苑の「みどりを守る」ための施设建替计画において、各社の建设费捻出や事业継続性が课题であったことから、当社も含めた地域一体开発という手法で解决していこう、と声をかけていただいたことに始まります。この手法は、地域全体で新たに建设可能となる総床面积を、土地所有者の计画ごとに按分し、その権利に応じた资金をコンソーシアムに拠出するというものです。当社が単独で建替をする场合は现法令の様々な规制のため现本社ビルよりも低いビルしか建设できないところを、一体开発に参画することでより大きなビルを建设することが可能となり、东京本社ビル敷地の资产価値が増加します。そして当社がコンソーシアムに拠出する资金もまた、神宫外苑の施设建替や更新に活用され、そこからまた収益が生み出され将来に亘り神宫外苑の「みどりを守り続ける」ためへと循环していくのです。

当プロジェクトは、既存樹木を出来る限り守りながら移植や新植もおこない、緑の量をこれまでよりも増やし、より豊かな自然环境を創っていくという計画です。有名な4列の銀杏並木については計画策定当初から伐採が検討されたことは全くなく、将来に亘り保全されます。

もしこれら施设の建替が进まない场合、老朽化が进み近い将来には「みどりを守る」ための资金も得ることは困难になり、この先のみどりを维持管理することも出来なくなります。即ち当プロジェクトは神宫外苑の「みどりを守る」ために、その资金を捻出する周辺施设建替を行うものです。

青山のこの地で43年に亘り東京本社ビルを構えてきた当社としても、都内でも稀有な素晴らしい神宮外苑の环境が破壊されることは、皆様と同じく認め難いことであり、全く望んではおりません。ブランドイメージの維持?向上のためにも、当社は神宮外苑再開発に、コンソーシアムの一員として最も高い関心を持って取り組んで参ります。
その结果として、东京本社ビルの建替のみならず、コンソーシアムが目指す安全快适で緑あふれるまちづくりに长きに亘り寄与することができるのです。私どもが再开発计画に参加する理由がそこにあります。

改めまして正しいご理解を深めていただきたいと思います。

神宫外苑再开発におきましては、保存?移植树木を含めた计画地内のすべての高木について毎木调査を行っており、プロジェクトサイト上に调査结果や保存?移植?伐採の方针、各树木の树高や干周等を公表しております。

现时点で、3尘以上の树木の伐採本数の合计は743本、新植树木の本数は合计837本ですが、今后も伐採本数の削减を目指して参ります。移植计画の详细も検讨中ですが、新植树木の树种と合わせて决定し、树木の管理は完成后のそれぞれの敷地における施设管理者等にて适切に行ってまいります。

神宫外苑再开発コンソーシアム各社の役割

叁井不动产株式会社 代表施行者业务全般、复合栋やホテルの建设、自社敷地における緑の保全
宗教法人明治神宫 神宫球场の建替、自社敷地における緑の保全
独立行政法人日本スポーツ振兴センター 秩父宫ラグビー场の建替、自社敷地における緑の保全
番茄视频株式会社 东京本社ビルの建替、自社敷地における緑の保全